<< ざっけんなゴルアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!! 区切り main 区切り やっちった☆ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

魔法使いに攫われた!

「ソルジャー、またですか?」

「おや、なんだいハーレイ。みっともないからそんな顔をするもんじゃない」


……みっともないのは誰ですか。


我らの偉大な長様はどうやら誘拐癖があるらしい(彼の言うマイスウィートに限り)
今日の誘拐で今週に入って四回目だ。

いくらなんでもそろそろやばい、色々な意味で。


「あぁジョミー…君の微笑みはまるで天使だ…僕の渇ききった心を癒してくれる…」

「ちゃあー!うるー!」


キャッキャッと楽しそうに笑う、ソルジャーの腕の中にすっぽりとふにゃふにゃな全身が納まるジョミーは紅葉のような小さな手をぺちぺちとブルーの両頬を叩いていた。
叩かれて痛いはずなのに、むしろ喜んでいる顔をするものだから
気持ち悪いったらありゃしない。


「ふふっ…なんて眩しい笑顔だろう!世界で一番可愛いよジョミー!」

「ぁうー?」


ちったいジョミーには何を言っているのか分からないご様子。
こてん、と小首を傾げてエメラルドの大きな宝石みたいなくりくりした瞳がきょとん、と見つめ返す。

そんなジョミーにブルーはふくふくの桃色のほっぺたに頬摺りしながらそう叫んだのだった。




(親ばかだ)
ハーレイが溜息ついたの
は言うまでもない。




親ばかソルジャー描いてみたかった!
今度はこれでいってみようか……うーん、書きたいネタがありすぎて困りますね!!
人魚姫もやりたいし、フェアリーなじょみたんも……天使じょみたんもしたい!
萌えに力量が追いつきません。

ブルジョミ小説 区切り 00:42 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 00:42 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://love-terra.jugem.jp/trackback/59

Trackback